文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ここから本文です。

平成26年2月のまちの活動記録

公開日:平成26年10月1日

うり坊の会そば打ちinすこやかセンター

うり坊の会そば打ち写真

開催日:平成26年2月26日(水曜日)

男性シニアグループ「うり坊の会」によるそば打ちと昼食会が行われました。
うり坊の会は平成19年に結成され、自分たちでそばを打つだけでなく、一般の方向けのそば打ち教室も開催されています。
そば粉は市内の夢農園で収穫されたものを使い、薬味の山わさびや辛味大根もメンバーが作ったもので、昼食会に参加した人たちは地産地消の打ちたてそばに舌鼓を打っていました。

学校教育表彰・子ども善行表彰・自治振興表彰表彰式in市役所

学校教育表彰・子ども善行表彰・自治振興表彰式写真

開催日:平成26年2月25日(火曜日)

平成25年度守山市学校教育表彰・子ども善行表彰・自治振興表彰の表彰式が行われ、受賞者に表彰状が手渡されました。

まちづくり実践スタディツアーin中山道街道文化交流館・市役所

まちづくり実践スタディツアー写真

開催日:平成26年2月24日(月曜日)

守山市と龍谷大学の新しい取り組みとして「まちづくり実践スタディツアー」が開催されました。
守山市を訪れた龍谷大学政策学部の只友景士教授と学生10人は、中山道周辺を散策して、守山の魅力に触れたり、市庁舎の見学や市職員との交流を通して、まちづくりを学びました。

北公民館おもちゃ箱計画in北公民館

北公民館おもちゃ箱計画写真

開催日:平成26年2月23日(日曜日)

「北公民館おもちゃ箱計画~昔あそびを楽しもう~」が開催され、たくさんの子どもたちが巨大すごろくやまとあて、福笑いなど昔あそびを楽しみました。
巨大すごろくは大きなサイコロを振り、自分がコマとなって進んでいきます。すごろくのマスの中には、缶ぽっくりやビュービューごまなどの体験があり、昔あそびを満喫しながらゴールを目指しました。

振り込め詐欺被害防止啓発活動in市民病院

振り込め詐欺被害防止啓発活動写真

開催日:平成26年2月21日(金曜日)

振り込め詐欺の被害を防止しようと、守山警察署管内アパート・マンション管理者防犯連絡協議会による啓発活動が市民病院で行われました。
啓発活動には守山警察署員も参加し、市民病院を訪れる人に啓発ステッカーなどを配布して、振り込め詐欺に対する注意を呼びかけました。

中洲ふれあい学級閉講式in市役所

中洲ふれあい学級閉講式写真

開催日:平成26年2月21日(金曜日)

中洲ふれあい学級の最終講座に議会傍聴研修が行われました。
議会傍聴後に議会の仕組みを学習し、議場で閉講式を行いました。修了にともない、一人ひとりに修了証が手渡されました。

なばな花咲ぜいたく煮が学校給食に登場

なばな花咲ぜいたく煮が学校給食に登場写真1なばな花咲ぜいたく煮が学校給食に登場写真2

開催日:平成26年2月19日(水曜日)

市内小学校の給食に、地域資源である「菜の花」を使った「なばな花咲ぜいたく煮」が初めて登場しました。
「食育の日」であるこの日は、「守山の日」が給食のテーマで、なばな花咲ぜいたく煮のほか、イサザ(湖魚)や煮物、おひたしの材料も地元で生産されたものを使った献立でした。
守山小学校4年生のクラスには、市内のなばな生産者で構成する「なばなおうみの会」が訪れ、給食の前に菜の花栽培にかける意気込みなどを語りました。
「ピリっとからくてしょっぱいけど美味しい」「山椒みたい」など、子どもたちの反応も上々。笑顔で給食をほうばっていました。

地域活性化フォーラムin守山商工会議所大ホール

地域活性化フォーラム写真

開催日:平成26年2月16日(日曜日)

守山商工会議所青年部主催で「守山市の遺跡活用とこれから」をテーマに、地域活性化フォーラムが開催されました。
フォーラムは、もりやま卑弥呼3代目の石角圭さんの司会で始まり、京都大学名誉教授の高谷好一さんが基調講演をされました。
講演では、遺跡の活用について「守山の遺跡独自の特性を分かりやすく発信する必要がある」との指摘があり、活性化へ具体的な作業として「市民パワーの盛り上がり」や「遺跡と巡礼路の整備」などを上げられました。

四季桜の記念植樹inびわこ地球市民の森

四季桜の記念植樹写真

開催日:平成26年2月16日(日曜日)

開発と大曲の小学校5、6年生13人が卒業を記念して、年に2回(春と秋)花を咲かせる四季桜を植樹しました。
植樹は四季桜の維持管理に努めている「四季桜を見守る会」主催で行われ、当日は滋賀銀行木浜支店長をはじめ教育長や速野小学校長、ひなぎくこども園長など、多くの方々が参加されました。

ヨシ細工・ヨシ笛コンサートin野洲川田園空間センター

ヨシ細工・ヨシ笛コンサート写真

開催日:平成26年2月16日(日曜日)

子どもから大人まで楽しめる「ヨシ細工・ヨシ笛コンサート」が、野洲川でんくうの会主催で開催されました。
中洲小学校4年生19人が1学期から総合学習で学んできたヨシ学習の活動発表を行った後、ヨシの紙すきやブーブー笛、額縁作りなどのヨシ細工を体験しました。
また、あやめ浜でとれたセタシジミ汁をおいしくいただき、食後にはヨシ笛コンサートも行われました。

男性のための料理教室in守山会館

男性のための料理教室写真

開催日:平成26年2月15日(土曜日)

料理教室初心者の男性を対象に2回連続の公民館講座「男性のための料理教室」が開講され、15人が参加しました。
泉町の宇田賢一さんを講師に招き、包丁を使うことに重点をおいて、すきやき風肉じゃがと豚汁を作りました。参加者は難しかったが美味しくできた、と満足気でした。

「チカ守山」オープニングセレモニーinチカ守山

「チカ守山」オープニングセレモニー写真

開催日:平成26年2月13日(木曜日)

セルバ守山地下1階に誕生する「チカ守山」では、2月14日のオープンに先立ち、オープニングセレモニーが開かれました。
関係者が見守る中、テープカットが行われ、オープンを目前にした「チカ守山」はお祝いムードに包まれました。

もりやま・男女のきずな輝きフォーラムin市民ホール

もりやま・男女のきずな輝きフォーラム写真

開催日:平成26年2月11日(火曜日・祝日)

「助け合い ともにはぐくもう男女のきずな」をテーマに「第22回もりやま・男女のきずな輝きフォーラム」が開催され、守山キッズストリートダンスThinkの皆さんがオープニングを飾りました。
第2部では「心の荷物をおろす“人生に役立つ智慧”」と題して、僧侶でアナウンサーの川村妙慶さんによる講演が行われました。

弥生人養成講座in下之郷史跡公園

弥生人養成講座写真

開催日:平成26年2月8日(土曜日)

「織り」の技術文化(6回)と弥生時代の「植物とその利用」(3回)について学ぶ弥生人養成講座が、昨年の6月から9回にわたって開かれてきました。
「織り」の最終回では、展示作品の鑑賞やマヤ織教室主宰の星野利枝さんによるお話と原始機の実演があり、参加者は弥生の機織りとマヤの機織りの違いについて熱心に学んでいました。

匠に学ぶ食の講座in速野会館

匠に学ぶ食の講座写真

開催日:平成26年2月8日(土曜日)

「匠に学ぶ食の講座」の第2回講座が開かれ、約20人の参加者が「こだわり味噌つくり」に挑戦しました。
大豆を潰して麹(こうじ)と混ぜて樽やパックに詰める、というシンプルな工程ですが、参加者は「懐かしい」「自家製を食べられるのが楽しみ」と話していました。

守山ブランドメッセージロゴ発表会inおうみんち

守山ブランドメッセージロゴ発表会写真

開催日:平成26年2月8日(土曜日)

「守山」の都市ブランド化の取り組みの一環として公募されたロゴデザインの発表会が開かれ、約200人が参加しました。
404点の応募から東京都世田谷区在住の土屋勇太さんのデザインが最優秀賞作品に選ばれ、この日は東京から駆けつけてくれました。
ロゴデザインは守山の魅力を発信するため、イベントのポスターなどに活用されます。

もりやま菜の花フェスタin第1なぎさ公園・おうみんち

もりやま菜の花フェスタ写真1もりやま菜の花フェスタ写真2

開催日:平成26年2月8日(土曜日)

「もりやま菜の花フェスタ」が第1なぎさ公園・おうみんちの2会場で開催されました。
約12,000本の菜の花が見ごろを迎えた第1なぎさ公園では、菜花入りスイーツの試食や菜花汁が販売されました。
おうみんち会場では、菜の花を練りこんだ餅つきなどが行われ、多くの人で賑わいました。

伊勢神楽inカナリヤ保育園ホール

伊勢神楽写真

開催日:平成26年2月6日(木曜日)

カナリヤ保育園やカナリヤ第2保育園などの園児、デイサービスに通うお年寄り、地域の方約300人が集まり、伊勢神楽(獅子舞)を鑑賞しました。
獅子舞の合間には、漫才のような掛け合いやバランスをとるのが難しい曲芸が披露され、大きな歓声が起きていました。
獅子舞を鑑賞した後は、獅子に頭を噛んでもらい、中には獅子の迫力に泣き出す園児もいましたが、元気に一年間過ごせるようみんなで祈願しました。

寸劇「振り込め詐欺」で被害防止啓発in下之郷自治会館

寸劇「振り込め詐欺」で被害防止啓発写真

開催日:平成26年2月2日(日曜日)

下之郷自治会では多発する振り込め詐欺を防止するため、自治会役員の手作りの寸劇「振り込め詐欺」を自治会サロンで披露しました。
寸劇には身近な名前の登場人物や施設名を使い、高齢者にも分かりやすい内容になっていました。
サロンの最後には悪い鬼をやっつけようと、参加した高齢者や子どもたちが一足早い豆まきを行いました。

生命(いのち)のメッセージ展in市民ホール

生命(いのち)のメッセージ展写真

開催日:平成26年2月2日(日曜日)

1月30日から2月3日まで、交通安全や生命の大切さを伝える「生命のメッセージ展in守山~未来を断ち切られた生命が伝える私たちへのメッセージ~」が開催されました。
「メッセンジャー」として、いじめや交通事故で亡くなられた人たちの等身大パネルとともにメッセージや写真、靴が展示され、市内外から約500人が来場しました。
あらためて交通安全や生命の大切さについて考えさせられました。

クローバードリームライブin市民交流センター

クローバードリームライブ写真

開催日:平成26年2月2日(日曜日)

NPO法人四つ葉のクローバー主催で「クローバードリームライブ2014 生きる喜び・伝える勇気~メロディにのせて~」が開催されました。
ライブには滋賀県を中心に活動する元不登校児バンド「ジェリービーンズ」が出演し、今まさに戦っている子どもたち、先生に「今のままで大丈夫なんだ」というメッセージを込めた歌を歌いました。
200人を超える観客は力強い歌に魅了されました。

乳製品を使った料理教室in水保自治会集落センター

乳製品を使った料理教室写真

開催日:平成26年2月1日(土曜日)

牛乳メーカーから講師を招き、乳製品を使った料理教室が行われました。
料理教室は水保自治会のまちづくり推進会議健康福祉部会が「まちづくりは住民の健康づくりから」との視点で開催したもので、24人が参加しました。
この日、挑戦したメニューはパフェとブルスケット、水切りの際に出た水(ホエイ)を使ったスカッシュ、キャベツのホワイトミルフィーユの4品。完成した料理を試食しながら、カルシウムの働きやヨーグルトの持つ乳酸菌の働きなどについて学んでいました。

第3回大川フォーラムin美崎自治会館

第3回大川フォーラム写真

開催日:平成26年2月1日(土曜日)

市と美崎自治会、京都大学、立命館守山中学校・高等学校で構成する「大川活用プロジェクト」の一環として、「第3回大川フォーラム」が開催されました。
フォーラムには地域住民など約130人が参加し、大川の水環境改善、まちづくりへの活用をテーマに、「夏休み大川自由研究室」などの活動報告とパネルディスカッションが行われました。

お問い合わせ

守山市総合政策部秘書広報室

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1113(秘書係)/077-582-1164(広報・広聴係) ファクス:077-583-5066

hisho@city.moriyama.lg.jp