文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ホーム > 健康・福祉 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 平成30年4月から国保制度が変わりました

  • ライフシーンから探す
  • 組織から探す

ここから本文です。

平成30年4月から国保制度が変わりました

公開日:平成31年2月21日

滋賀県と市町で国民健康保険を運営します

なぜ滋賀県が国保の運営に加わるの?

市町国保は、1.加入者の年齢構成が高く医療費が増え続けている、2.所得の低い人が多く保険税の負担が重い、3.小規模な市町村では国保の財政運営が不安定、という課題を抱えています。

このような課題を解決しつつ、国保を将来にわたって守り続けるために、国からの財政支援の拡充のほか、滋賀県が県内市町とともに国保の運営を担うこととなります。

滋賀県は、国保の財政運営の責任主体となり、制度の安定化を図ります。市町は加入者に身近なきめ細かい事業を引き続き実施します。

h30kokuhokaisei1

国保の届出等の窓口はかわりません

国保の加入脱退の手続き、療養費や高額療養費等の給付サービス、保険税の納付先などは、これまでどおり、守山市が窓口となります。

なにが変わるの?

国保の保険証等の様式が変わります

保険証に「滋賀県」の表記が入るようになりました。

例年、有効期限は3月31日まででしたが、平成30年4月以降使用分の保険証は「平成31年7月31日」までとなります。

h30kokuhokaisei2

高額療養費の多数回該当が都道府県単位で通算されます

滋賀県内の他市町へ引っ越した場合も、平成30年4月以降の療養において発生した高額療養費の多数回該当の該当回数は引き継がれて通算されます(世帯構成に変更がある場合には、通算されないことがあります)。

(注)多数回該当とは、過去12ヶ月間で高額療養費の対象となった月数が4回以上となった場合、4回目から自己負担限度額が引き下げられる制度です。

h30kokuhokaisei3

お問い合わせ

守山市健康福祉部国保年金課

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1120 ファクス:077-582-1138

kokuhonenkin@city.moriyama.lg.jp