文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

ここから本文です。

国民健康保険

公開日:平成26年10月1日

国民健康保険のしくみ


日本の医療保険制度では、国民はいずれかの健康保険に必ず加入することになっています。
これを「国民皆保険制度」といいます。
この「国民皆保険制度」の中核として重要な役割を果たしているのが「国民健康保険(国保)です。
国保とは、病気やけがに備えて被保険者の皆さんが保険料を出し合いみんなで助け合うこと(相互扶助)を目的とした制度です。
皆さんの国民健康保険は、守山市が運営しています。
その費用は、おもに皆さんの税金によって賄われています。
国民健康保険税(国保税)を納めることは国保に加入している人の義務です。
国保税を納めない人がいると、国保を支える財源が不足し、皆さんの医療費を支払えなくなってしまいます。

国保税 納めて安心 家族の健康 

国保税を納めた被保険者は保険医療機関で保険診療を受けられます。

国民健康保険(国保)を運営するのは、わたしたちの住む市区町村(保険者)です。
国保はわたしたち加入者(被保険者)が納める国民健康保険税や国の補助金によって運営されています。
被保険者は国保税を納めると保険証が交付され、診療機関で一部負担金による診療が受けられます。
医療機関は国保連合会を通じて保険者の市区町村へ医療費の請求をします。
連合会では請求内容を審査して、審査結果を保険者に報告します。
保険者は連合会の審査結果により、連合会を通じて医療費を診療機関に支払います。

お問い合わせ

守山市健康福祉部国保年金課

〒524-8585 滋賀県守山市吉身二丁目5番22号

電話番号:077-582-1120 ファクス:077-582-1138

kokuhonenkin@city.moriyama.lg.jp